青い地球“Eco”に貢献・電解水の正しい情報、最新情報を発信します。

電解水最新情報

■酸性電解水の公的許認可の取得状況
■電解水による手洗い効果
■大量調理施設衛生監理マニュアルに則った次亜塩素酸水による具体的な殺菌方法
■電解次亜塩素酸水の検討状況について

酸性電解水の公的許認可の取得状況

<医療分野>
★1995.04
電解水生成装置を手指洗浄用に医療認可
★1996
電解水生成装置を内視鏡洗浄用に医療認可

<食品分野>
★2002.06.10
食品添加物指定(官報 第3378号 厚生労働省告示 第212号)
★2012.04.26
食品添加物改正(pH領域の拡大ほか)(官報 号外第96号 厚生労働省告示 第345号)
★2012.05.18
大量調理施設衛生管理マニュアル改正(食安発0518第1号)
★2013.12.13
漬物の衛生規範の改正(食安監発1213第2号)
★2014.04.24
生食用鮮魚介類、生食用かき及び冷凍食品(生食用冷凍鮮魚介類に限る)、容器包装詰加圧加熱殺菌食品への使用(食安発0424第1号)

<農業分野>
★2006.10.27
有機加工食品の日本農林規格の改正(農林水産省告示 第1464号)
★2012.03.28
有機農産物の日本農林規格の改正(農林水産省告示 第833号)
★2014.03.28
特定農薬(特定防除資材)への指定(官報 号外第68号 農林水産省環境省告示 第2号)

※上記の公的許認可書類は、公的許認可ページよりダウンロードができます。
スクリーンショット 2015-12-08 15.14.20

電解水による手洗い効果

食中毒予防の基本は手洗いです。ここでは電解水による手洗いの効果を説明します。

電解水によるノロウイルス、インフルエンザウイルスへの効果は論文で実証されています。
ノロウイルスを使った試験では、酸性電解水40ppmが次亜塩素酸ナトリウムの1000ppmと比較して、はるかに低濃度でありながら優れた殺菌効果が実証されています1)
更に、同じ科のウイルスを使った手指洗浄試験ではエタノールが遅効性であるのに対して、酸性電解水が即効的に効いていることが実証されています2)
また、インフルエンザウイルスに対しても5秒以内で即効的な効果があることが示されています3)
参考:医療従事者向けの手指消毒を目的とした医療用具として承認1)されている製品もあります。

JEWAでは、厚生労働省医薬食品局食品安全監視安全課へ、上記内容に基づき食品分野に於ける手洗いに、電解水(次亜塩素酸水)の利用を推進する申し出をしました。

  1. 川崎晋ら,酸性電解水によるノーウォーク様ウイルスの不活性化、防菌防黴 Vol.31, No.10 pp.529-535(2003)
  2. 片寄政彦ら,ノロウイルスの代替としてネコカリシウイルスを使用した電解水による厨房内の二次汚染防止に関する検討防菌防黴 Vol.35, No.6 pp.359-364(2007)
  3. 吉本淳ら,超酸化水の殺ウイルス効果防菌防黴 Vol.12, No.7 pp.147-152(1996)
  4. 医療従事者向けの手指消毒は医療用具に登録されている製品に限ります。医療用具承認番号:21500BZZ00386000(ホシザキ電機社製)登録に当たって:実施した試験は、大腸菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌などに対する殺菌効果、実際の被験者32名による一般外皮用消毒薬と比較した殺菌効果、さらに細胞毒性、突然変異、染色体異常、経皮毒性、皮膚累積刺激、眼粘膜、口腔、粘膜など安全性試験を経て1996年に認可されました。

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料
スクリーンショット 2015-12-08 20.04.56

大量調理施設衛生監理マニュアルに則った次亜塩素酸水による具体的な殺菌方法

大量調理施設衛生管理マニュアルでは次亜塩素酸ナトリウムによる殺菌処理を、200mg/lで5分間又は100mg/lで10分間としていますが、次亜塩素酸水については処理時間等の記載がないため、次亜塩素酸ナトリウムと同等の効果が得られる処理方法の目安をお示しします。下記は、当協会の参画会員企業が行った、食品の殺菌試験結果の一例1)です。適正な処理を行うことで、短時間で次亜塩素酸ナトリウムと同等の殺菌効果を得ることができます。
殺菌データ
j1

また、同様の観点から浅漬け用白菜の処理法については、具体的なマニュアルを作成いたしました。
浅漬け用白菜の洗浄殺菌マニュアルはこちらからダウンロードできます
資料の掲載に当たっては、厚生労働省医薬食品局食品案全部監視安全課の指導を受けております。(2013年1月23日)
※本資料は殺菌力を保証するものではありません。細菌数は同一の食材でも、季節、生産方法、保管方法、処理方法などにより値は異なります。

※特定農薬の目的について、下記農林水産省のホームページをご参照下さい。
(下記の画像をクリックすると農水省のHPへリンクしています)

スクリーンショット 2016-01-01 16.36.54

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本電解水協会 All Rights Reserved.