青い地球“Eco”に貢献・電解水の正しい情報、最新情報を発信します。

酸性電解水

  • HOME »
  • 酸性電解水

酸性電解水について

酸性電解水は医療分野では「強酸性電解水」、食品分野では「次亜塩素酸水」、の名称で厚生労働省から認可・指定を受けており、更に農業分野では特定防除資材として平成26年3月、農林水産大臣、環境大臣から認可・指定をうけました。農林水産省での名称は「電解次亜塩素酸水」となっております。
日本電解水協会としましては、今後これらの名称を従来の強酸性電解水と特定の名称で呼ぶのでは無く、夫々の分野ごとに国の指定した名称を使用して行く事を申し合わせました。
我々業界が従来使用して来た特定の名称に市場が合わすのではなく、国が指定した市場の名称に業界が合わせて行くという事であります。
特定防除資材は「塩化カリウムまたは塩酸と飲用適の水を用いて生成された電解次亜塩素酸水(農林水産省・環境省)
食品添加物としての酸性電解水は「塩化ナトリウム又は塩酸を電解することにより得られる次亜塩素酸水」(厚生労働省)

酸性電解水(次亜塩素酸水)の食品添加物指定までの経緯

平成12年11月30日
厚生省発生衛 328 号
強電解水企業協議会が申請していた強酸性電解水と、一企業に依る申請の微酸性電解水(=これまでの弱酸性電解水)に関して厚生大臣から電解水の指定について食品添加物調査会への諮問
平成12年12月14日 食品衛生調査会毒性・添加物合同審議会
平成13年10月25日 食品添加物調査会(広瀬政雄 座長)の審議結果
「個別に添加物指定の要請がなされた両酸性電解水は、本質が同じなので1つの添加物として取扱うこと適当である」
平成13年11月6日 薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会毒性・添加物合同部会審議(黒川雄二 毒性部会長・山崎幹夫 添加物部会長)。
→「酸性電解水の指定を可とし、食品衛生分科会に上程する」
平成13年13月21日 パブリックコメント終了
その後、 FSG 会議(食品輸入円滑化推進会議)への説明、
WTO 通報(世界貿易機関協定に基づく通報)
平成14年3月18日 WTO通報意見提出期限
平成14年3月27日 薬事・食品衛生審議会(山内 充 会長)
審議・答申(坂口 力 厚生労働大臣)
薬食審 0327004 号 → 電解水については、人の健康を損なうおそれはないことから、食品添加物として指定することは、差し支えない。なお、指定に当たっては、名称を「次亜塩素酸水」とし、別紙1のとおり使用基準及び成分規格を設定することが適当である。
医薬局食品保険部基準化 →食品添加物の指定及び使用基準改正に関する薬事・食品衛生審議会の答申について
平成14年6月10日 厚生労働大臣(坂口 力)名で
食品添加物指定正式認可
(官報第 3378 号)
厚生労働省令 75 号
食品衛生法施行規則の一部改正:百二十五 次亜塩素酸水
tn tka
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本電解水協会 All Rights Reserved.