熊本県で発生した地震により、被害に遭われた多くの方々へ心からお悔やみ 、お見舞い申し上げます。
一般社団法人日本電解水協会では、被災地の衛生環境を守るために、「除菌水」をお届けいたしました。

2011年3月11日の東日本震災より丸5年が経過した中で、再びに大地震が発生しかつて熊本地方では遭遇した事のない大規模な震災となりました。
現地の方や関係者の皆様の心労は計り知れないものがあると思います。そして復興までには相当の年月がかかることでしょうけれど、かつての日本人が幾度の困難を不屈の精神で乗り越えてきたように、今回の震災でも必ず立ち直れると信じております。
4月15日及び16日に発生した熊本地震においてノロウイルスなどが発生しました。報道により衛生面で問題があるとの情報を得て、関東から熊本県庁経由で感染症予防のため「微酸性電解水」を一日でも早く届けたいとの思いで、熊本被災地に向け昼夜を走り抜き、4月21日無事現地に届けることができました。「微酸性電解水」とは2002年6月に食品添加物に指定されたもので、細菌やウイルスなど幅広い殺菌力を持つにも拘わらず、味や臭いなどがほとんど無い安全性の高い除菌水です。

支援1 支援2
支援2 支援3